2月28日(木)は休館日です

野尻湖ナウマンゾウ博物館の休館日は月の末日となっています。
2月28日(木)は休館日ですので、お間違えのないようお願いいたします。

2月28日(木)は休館日です

2月28日(木)は休館日です

コケ庭を作ろう!【信濃町コケの会】

*博物館サークル『信濃町コケの会』より お知らせ です*

野尻湖ナウマンゾウ博物館前にコケ庭を作ります!
コケに興味のある方、一緒に活動しませんか?

日時 3月9日(土)10:00~12:00

野尻湖ナウマンゾウ博物館 2階多目的室 にお集まりください。
※当日、博物館受付にてコケの会に参加の旨をお伝えください。

◇コケ庭作りの計画
◇信濃町コケの会のご案内

今回はコケ庭作りに向けた計画と準備をおこないます。
雪解けの状況や天候を見て、可能であれば、野外で作業をします。
汚れても良い、春風に負けない装備でいらしてください。


2月24日の様子。
博物館前にある一茶の句碑の周辺にコケ庭を作る計画です。


本格的な作業は雪解けを待ってからおこないます。

<参加方法>
事前のお申込みは不要です。
信濃町外よりいらっしゃる方は、当日連絡の取れる連絡先を事前にメールでお知らせいただけますとありがたいです。

信濃町コケの会はFacebookグループで活動をお知らせしています。
よろしければチェックしてみてください。
https://www.facebook.com/groups/kokenojiriko/

<お問合せ>
信濃町コケの会 鹿住(かずみ)
cdakkorin@gmail.com

2019春の野尻湖地質調査に参加しませんか

野尻湖でナウマンゾウ化石などを発掘する「野尻湖発掘」は2年に1度のサイクルでおこなっています。昨年の3月に第22次野尻湖発掘をおこないましたので、今年は発掘のない年です。
発掘のない年は地質調査をおこなって、来年の発掘のために地層の見方などを学習しています。
今年は3月21日から「2019春の野尻湖地質調査」をおこないます。この調査はどなたでもご参加いただけます。ナウマンゾウの化石が含まれている地層に興味のある方など、野尻湖底の地層に触れることができますので、ぜひ、ご参加ください。申し込みの締め切りは2月28日です。
詳しくはこちらをご覧ください。
http://nojiriko-museum.com/?p=1592

第22次野尻湖発掘で地層を見学しているところ

第22次野尻湖発掘で地層を見学しているところ

ナウマンゾウの声テレホンサービスは026-258-2323です

野尻湖ナウマンゾウ博物館ではナウマンゾウの声を聞くことができるテレホンサービスをおこなっています。
本日、ラジオ番組で紹介されたということで、博物館の電話にお問い合わせをたくさんいただきました。
テレホンサービスの番号は以下の通りです。
026-258-2323
ぜひ、聞いてみてください。

野尻湖のナウマンゾウ

野尻湖のナウマンゾウ

1月31日(木)は休館日です

野尻湖ナウマンゾウ博物館の休館日は月の末日となっています。
1月31日(木)は休館日ですので、お間違えのないようお願いいたします。

1月31日(木)は休館日です

1月31日(木)は休館日です

1月4日から営業します

あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。
当館は1月4日(金)から営業いたします。ぜひ、見学におこしください。

国道18号線「野尻湖」信号交差点のナウマンゾウの親子像(2019.1.2撮影)

国道18号線「野尻湖」信号交差点のナウマンゾウの親子像(2019.1.2撮影)

年末年始の休館日について

みなさまには今年1年、たいへんお世話になりました。
さて、年末年始の休館日についてお知らせいたします。
2018年12月29日(土)から2019年1月3日(木)まで休館いたします。
よろしくお願いいたします。
みなさまどうぞ、良いお年をお迎えください。

12月29日~1月3日は休館します

12月29日~1月3日は休館します

トナカイの角を展示しています

クリスマス特別展示として、トナカイの角を展示しています。さわることもできます。25日まで展示していますので、ぜひ、ご覧ください。

トナカイの角を展示中

トナカイの角を展示中

ウィルタネン彗星

信濃町星空研究会では、12月13日と14日にウィルタネン彗星の観望会を計画しましたが、残念ながら天候が悪く見ることができませんでした。天候の回復により、15日から16日にかけて、メンバーの小林さんが彗星を撮影しましたので紹介します。
ウィルタネン彗星は1948年にカール・ウィルタネンが発見した彗星で、5.4年の周期で太陽の周りを回っている周期彗星です。今回は地球に大接近し、日本で観望するには大変条件がよい彗星ということで注目されています。尾がないのでわかりにくいかもしれませんが、プレアデス星団の近くで青くボーっとみえますので、天気がよい夜に見てはいかがでしょうか。ちなみにウィルタネンさんが彗星を見つけた年に野尻湖でナウマンゾウが発見されました。

ウィルタネン彗星
『ウィルタネン彗星』

南中星座
『南中時の全景』
右上のプレアデスの下に緑のウィルタネン彗星が確認できます。
左側は長野市の明かりです。
日時:12月16日 1時2分 ISO1000 24mm F4 露出1分
撮影:小林

【報告】ナウマンゾウ親子像の雪囲い

国道18号線「野尻湖」信号の交差点に実物大のナウマンゾウの親子像のモニュメントがあります。この辺りは積雪が1.5~2mになりますので、雪の力で壊れないように、雪囲いが必要です。
昨日(12月11日)、牙(キバ)が折れないように、牙の下に支柱を入れてきました。これでいつ雪が積もってもだいじょうぶです。

ナウマンゾウモニュメントの雪囲い

ナウマンゾウモニュメントの雪囲い