報告

【報告】氷河時代案内人養成講座(第3回)

11月27日(火)の午後7時から、博物館2階多目的室で第3回の講座をおこないました。

第3回氷河時代案内人養成講座のようす

第3回氷河時代案内人養成講座のようす

今回は当館学芸員の渡辺が講師となり、「遺跡と人類」の題でお話しいたしました。野尻湖はナウマンゾウの化石といっしょに石器や骨器が出土するたいへん条件に恵まれた遺跡であること、しかし、ミトコンドリアDNA分析による日本列島への現生人類の到達時期はおよそ4万年前で、それ以前の日本列島には人類がいなかったとする考えもあり、前期旧石器時代に属する野尻湖の立が鼻遺跡は評価が定まっていないのが現状だということ、野尻湖周辺は国内でも有数の後期旧石器時代の遺跡が密集する地域で、石斧がたくさん製作された地域であることなどを紹介しました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

【報告】氷河時代案内人養成講座(第2回)

11月20日(火)の午後7時から、博物館2階多目的室で第2回目の講座をおこないました。

テキストの図を示しながら説明する関学芸員

テキストの図を示しながら説明する関学芸員

今回は当館の関めぐみ学芸員が講師となり、「地層が語る野尻湖7万年の歴史」の題で話をしてもらいました。ナウマンゾウの化石が見つかる野尻湖底の地層「野尻湖層」についての説明や、野尻湖を取り囲む火山から噴出した火山灰の話、古環境を推定するために分析をしている花粉や珪藻(けいそう)の話など、野尻湖周辺の地層や古環境について紹介していただきました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

【報告】レプリカ着色ワークショップ

文化庁の補助事業で「サテライトミュージアム事業」というものをおこなっています。信濃町の中の店舗や宿泊施設などにナウマンゾウの歯の化石などを置いてもらい、見た方にナウマンゾウや野尻湖発掘に興味をもってもらって、博物館に見学に来てもらおうという取り組みです。
昨年に続き今回が2回目ということもあり、参加者は3名と少なかったのですが、博物館の職員といっしょにレプリカに着色する作業をやっていただきました。

白いかたまりがナウマンゾウ臼歯の石こう模型

白いかたまりがナウマンゾウ臼歯の石こう模型

今日の作業はあらかじめ型に石こうを流してつくっておいたナウマンゾウの臼歯とヤベオオツノジカの下顎骨に、本物を見ながら着色をしてもらうというもので、最初に近藤館長から今回着色する化石の話を聞いてから色をぬり始めました。

近藤館長によるオオツノジカ下顎骨の説明

近藤館長によるオオツノジカ下顎骨の説明

茶色をベースにいろいろな色を混ぜながら色をつくってぬりましたが、なかなか本物の色に近づけるのは難しいと感じました。

色塗りに挑戦中。けっこう難しい

色塗りに挑戦中。けっこう難しい

サテライトミュージアムとして町内で展示されているレプリカは、昨年製作されたものと合わせると、30箇所以上の所にあります。見かけましたらぜひ、よく観察してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

【報告】氷河時代案内人養成講座(第1回)

氷河時代案内人(地域学芸員)養成講座の受講者を募集したところ、28名の方にご応募いただきました(11日に応募を締め切りましたので、現在は募集していません)。

11月13日(火)の午後7時から、博物館2階多目的室で第1回目の講座をおこないました。予想よりも多くの応募者があったため、用意した席はすべてうまってしまいました。

今回は当館の近藤館長が講師となり、当館の展示解説書をテキストに使って、「野尻湖発掘と哺乳動物化石」の題で話をしてもらいました。ナウマンゾウの名前の由来やナウマンゾウの歯が野尻湖で最初に見つかった時のようす、野尻湖の発掘で最初に化石が掘り上げられた時のことなど、面白いエピソードを交えて話をしていただきました。

ナウマンゾウの歯のレプリカを使って説明する近藤館長

ナウマンゾウの歯のレプリカを使って説明する近藤館長

また、ナウマンゾウの特徴も、歯のレプリカを使ったり、他のゾウの歯と比較したりして、わかりやすく説明していただきました。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

【学習会報告】明治時代の水路跡の見学会

本日、「野尻湖から水を引こうとした”幻の水路”明治時代の水路跡見学会」という学習会をおこない、雨が降る悪天候の中でしたが、22名の方にご参加いただきました。
野尻湖は長野県北部にある湖ですが、この水を使う優先権は新潟県の高田平野の用水組合がもっています。江戸時代の17世紀後半に高田藩が開削した用水の使用から続いているのですが、一時、長野県側へ水を引くために、野尻湖に穴を開けて通水したことがありました。明治時代の出来事です。
野尻湖に穴を開ける工事は明治11年(1878) 2月に着工し、その年の8月27日には約180mのトンネル(当時はこれを繰穴(くりあな)と呼んでいました)が貫通しました。そしてそれを水の乏しい村へ通水するために水路が掘られました。

奥に見える穴が野尻湖まで通じているトンネル(繰穴)

中央の奥に見える穴が野尻湖まで通じているトンネル(繰穴)

しかし、この水を計画通り通水するためには鳥居川に大きな筧(かけい)をかけなければならず、結局は筧の設置ができずに、鳥居川の手前までで水路は止まってしまいましたが、鳥居川の手前のところまでは通水されたため、周辺では多くの畑が田んぼになりました。ここで問題になったのが水利権で、当初の約束を守らずに通水を続けたために裁判で敗訴となり、明治24年には完全にふさがれてしまい、以後、水が通ることがなくなったのです。
閉塞後、130年程経過しましたが、町内にはこの水路跡が多く残っていて、今回、ところどころを見て回りました。

通水されずに今も残る素掘りの水路

通水されずに今も残る素掘りの水路

また、太平洋戦争の時、この水路を使って野尻湖の水を鳥居川に入れ、川の水位をあげようとしたことがあったそうですが、通水する前に終戦となったようです。この時に川に注ぐところの底面には石が張られ、両側面も石積みにされて、三面張りの水路にされたということで、今回、その場所も見学しました。

底部の土を取り除いたら、石が張られていました

底部の土を取り除いたら、石が張られていました

結果的にうまくいかずに、忘れ去られてしまった土木遺産ですが、残された水路の見学を通し、当時の人々の考えや、掘削の苦労などを考える良い機会となりました。(渡辺哲也)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

ジャンセン茜さんの絵にサインをしていただきました

当館は今年3月にリニューアルオープンしましたが、このリニューアルで階段の上り口が展示の導入部になり、「ようこそ野尻湖ナウマンゾウ博物館」の文字とナウマンゾウの絵が配置されました。

この絵の原画は、野尻湖の南西岸にある国際村に別荘をお持ちのジャンセン茜さんが描かれたもので、それを拡大して使用させていただきました。

本日、ジャンセン茜さんがご子息とともに博物館にお越しになりましたので、サインをしていただきました。

サインをするジャンセン茜さん

サインをするジャンセン茜さん

ナウマンゾウとそれにまたがる”野尻湖人”が描かれた素敵な絵です。この絵が導くように、展示室へお進みください。

記念撮影 右がジャンセン茜さんとご子息、左が近藤館長

記念撮影 右がジャンセン茜さんとご子息、左が近藤館長

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

信濃小中学校3年生の町めぐり

地元・信濃町の小学3年生が博物館に見学に来てくれました。町めぐりで、今回は野尻地区のことを学ぶことが目的ということで、最初に野尻湖で説明を聞いた後、博物館で展示を見ながら、ナウマンゾウやオオツノジカがいた時代の説明を聞いてもらいました。

信濃小中学校3年生が見学に来ました

信濃小中学校3年生が見学に来ました

博物館の中にはナウマンゾウの化石がゴロゴロとたくさん並んでいますが、こんなにナウマンゾウの化石が見つかるところはなかなかありません。ぜひ、外に向かって自慢してもらえるとうれしいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

子ども会の団体様ご来館

県内の、ある子ども会のみなさんに当館をご利用いただきました。体験ミュージアムの「”野尻湖人”になって写真を撮ろう」のコーナーでは、シカ革の服を着た子どもたちがとても楽しそうでしたので、許可をいただいて写真を撮らせていただきました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

子ども会のみなさんには、展示室の見学のほか、「昆虫化石さがし」や「縄文のペンダントづくり」の体験、野尻湖の発掘地見学もして、半日、当館で過ごしていただきました。楽しい思い出ができたでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

リニューアルオープンしました‼

本日、2018年3月20日に野尻湖ナウマンゾウ博物館がリニューアルオープンしました。

昨年の9月よりリニューアル工事のためのお休みをいただいておりましたが、
ついに皆さんにお披露目する日を迎えました。
雪の舞う中での除幕式とテープカットとなりました。

すぐ近くにある野尻湖保育園の子どもたちに来てもらい
ナウマンゾウの銅像の除幕をしていただきました。


1階のショップやカフェは無料でご利用いただけます。
観光情報をお知らせしたり、無料WiFiもご利用できます。
野尻湖観光にお越しの際はお気軽にお立ち寄りください。

明日、21日もいろいろな企画をご用意しています。
リニューアルオープン特別企画

アジアゾウもお出迎え!?

ぜひ新しくなった野尻湖ナウマンゾウ博物館へお越しください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

常設展示室の英文表記

当館では外国人の見学者にも展示を理解していただくため、文化庁の「地域の核となる歴史博物館・美術館支援事業」の補助金を活用して、英文パネルの設置を進めています。全部のパネルを一斉に変更するのは難しいため、数年かけて実施していく考えです。今日は展示の各コーナーの表題に英文のパネルを設置しました。

英文のパネル設置中

英文のパネル設置中

設置完了

設置完了

また、日本語パネルの書き換えが難しいところはミニチュアの英文説明板を下に設置しました。

日本語パネルの下にミニチュア英文パネルを設置

日本語パネルの下にミニチュア英文パネルを設置

 

「さわってみよう」のパネルはこんな感じ

「さわってみよう」のパネルはこんな感じ

これからも英文表記を増やしていきますので、ぜひ、外国のお客様を連れてきていただきたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0