01
時を超えて現れた太古の化石。ナウマンゾウとオオツノジカにいにしえの歴史を学ぶ。
04
湖畔に散在する野尻湖人とナウマンゾウをモチーフにしたモニュメント。〔グリーンシーズンのみ)館内に散策用パンフレットあります。
03
博物館から徒歩数分の「立が鼻遺跡」。 現在も2年に1度、春先に発掘調査を行なっています。(写真は2014/3 第20次発掘)
02
国道18号線野尻バイパスの野尻湖入口交差点にある ナウマンゾウ親子のレプリカモニュメント(実物大復元像)

野尻湖ナウマンゾウ博物館は・・・
長野県の北端、信濃町の野尻湖畔にあります。 1962年からはじまり50年以上続けられている「野尻湖発掘」の成果を中心に、約5万年の昔から現在に至るまでの、野尻湖周辺の自然環境を研究・展示している博物館です。発掘された化石をもとにした実物大のナウマンゾウとオオツノジカの復元像や、豊富に展示されている骨器や石器の資料、実際に化石にふれることができるコーナーや、石器作りなどの体験ができる学習会もあります。
あなたもここへ来て、野尻湖のまわりをゾウやシカが闊歩していた太古の世界に想いをはせてみませんか。

bunnkafree-pass
信濃町内の一茶記念館・黒姫童話館・野尻湖ナウマンゾウ博物館の3館または 2館を見学できるお得な入館券発売中!各館の受付にてお買い求めいただけます。
パンフレットをダウンロード
banner5
banner8

events

dantai

weather
cam

© Copyright 2015 野尻湖ナウマンゾウ博物館. All rights reserved.