【おしらせ】入場制限することがあります

当館では新型コロナウイルス感染症防止対策に取り組んでいますが、その一環で、展示室が密集状態にならないように、入場制限することがあります。駐車スペースを減らしていますので、駐車場が満車になったところで入場制限をおこないます。ご理解、ご協力をお願いいたします。

駐車スペースを減らしています

駐車スペースを減らしています

【報告】展示室に換気扇を設置しました

新型コロナウイルス感染症防止対策として、2階の常設展示室に換気扇を設置しました。

換気扇2台を設置しました

換気扇2台を設置しました

もともと展示室は外気や日光を入れないような構造になっていますが、新型コロナウイルス感染症防止のためには密閉状態は好ましくなく、換気が非常に大切で、有効であるということから、6月30日の休館日に工事をおこない、急遽、換気扇を設置しました。
常時運転していますので、常に換気ができている状況です。換気という点につきましては安心していただきたいと思います。

【おしらせ】長野県民支えあい「観光クーポン」使えます

当館は通常通りの時間で開館しています。7月、8月の休館日はありません。次回の休館日は9月30日の予定です。ただ今、感染症対策のため、利用制限が一部ございます。ご理解とご協力をお願いいたします。

現在、長野県が新型コロナウイルスの観光産業緊急支援で「長野県民支えあい観光キャンペーン」をおこなっていますが、当館はその登録店になっています。当館で「観光クーポン券」をお使いいただくことができますので、入館料や売店でのお買い物の際にはどうぞご利用ください。

「長野県民支えあい観光キャンペーン」登録店です

「長野県民支えあい観光キャンペーン」登録店です

信州地域支えあいキャンペーン(長野県民以外はご購入いただけませんのでご注意ください)

【おしらせ】6月30日(火)は休館日です

野尻湖ナウマンゾウ博物館の休館日は月の末日となっています。
明日、6月30日(火)は休館日ですので、お間違えのないようお願いいたします。

7月1日(月)は休館日です

6月30日(火)は休館日です

【重要なおしらせ】利用の制限について

明日、6月2日(火)から開館します。よろしくお願いいたします。
たいへん恐縮ですが、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、一部、利用制限をさせていただきます。たいへん申し訳ありませんが、触る展示のほとんどは触っていただくことができません。また、お手数をおかけしますが、ご協力いただきたいこともあります。

利用制限のお知らせとご協力のお願い(6月1日PDF版)

これらのことをご了解いただいた上でお越しくださいますようお願い申し上げます。

申し訳ありません。さわっていただけません。

申し訳ありません。さわっていただけません。

【重要なおしらせ】6月2日(火)から開館します

新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため臨時休館をしておりますが、6月2日(火)から再開することになりました。

6月2日(火)から開館します

6月2日(火)から開館します

ただし、感染防止のため、ご来館いただくお客様にご協力をお願いすること、及び、制限をさせていただくことがあります。

【当館の感染防止対策】

特に触る展示のほとんどは触っていただくことができません。
たいへん申し訳ありませんが、そのことをご理解いただいた上で、お越しくださいますようお願い申し上げます。
なお、町内の一茶記念館、黒姫童話館も同様に6月2日から開館します。お得な「2館周遊きっぷ」、「3館周遊きっぷ」もご用意しておりますので、ぜひごいっしょにご覧ください。

【重要なおしらせ】5月31日(日)まで臨時休館を延長いたします

新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、当館は現在、臨時休館をしております。
緊急事態宣言が延長されたことを受け、5月31日(日)までは臨時休館を延長することが決定しました。
今後の状況によってはさらに延長する可能性がありますので、最新情報は当館ホームページ、ブログ等でご確認ください。
ご来館を楽しみにされている方にはたいへん申し訳ありませんが、ご理解、ご協力をいただきますようお願い申し上げます。

5月31日(日)まで臨時休館を延長します

5月31日(日)まで臨時休館を延長します

【重要なおしらせ】連休中も休館しています

新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、連休中も引き続き休館しております。
再開の日は未定です。
ご理解、ご協力をお願いいたします。

連休中も休館です

連休中も休館です

【おすすめ】科学映像館で野尻湖発掘の映画を見ませんか

当館は新型コロナウイルスのため、現在、休館しております。
さて、自宅に居る時間が増えている方が多いと思いますが、時間ができた時、古い野尻湖発掘の映像を見てみませんか、というのが本日のご提案です。
古い貴重な科学映画作品を保存し、未来に継承するために、原版フィルムから高画質のデジタル化をして、無料公開をしているサイトがあり、そこに野尻湖発掘の記録映画が3本公開されているのです。
そのサイトは「科学映像館」といいます(http://www.kagakueizo.org/)。
1975年の第6次発掘の記録『野尻湖発掘の記録』、1987年の第10次発掘の記録『野尻湖人を求めて 一万人の野尻湖発掘』、1997年の第13次発掘の記録『野尻湖文化を求めて 第13次野尻湖発掘』の3本です。
野尻湖発掘以外にもたくさんの科学映像が公開されていますので、興味のある方は、ぜひ、のぞいてみてください。

科学映像館「野尻湖発掘の記録」

科学映像館「野尻湖発掘の記録」

【報告】ナウマンゾウ牙の雪囲いを撤去

博物館は新型コロナウイルス感染症感染拡大防止のため、現在、臨時休館中です。ご理解、ご協力をお願いいたします。
さて、本日、国道18号線「野尻湖」信号の交差点にある、実物大ナウマンゾウの親子像の雪囲いを撤去しました。牙(キバ)が雪の影響で壊れないように、昨年の12月に設置しましたが、春になりましたのでとりはずしました。
残雪の黒姫山をバックに写真を撮ると、「氷河時代に生きていたナウマンゾウ」というイメージにピッタリの写真になると思います。
博物館はご覧いただけませんが、お近くにお越しの際は、このナウマンゾウの親子像をぜひご覧ください。

雪囲いを撤去しました

雪囲いを撤去しました