報告

中学校の団体が骨のペンダントづくりに挑戦

野尻湖ナウマンゾウ博物館では学校団体等を対象としたいろいろな体験学習をおこなっています。本日は千葉県から修学旅行で訪れた中学生に、骨のペンダントづくりに挑戦してもらいました。

石器時代の体験ということで、ウシの骨のかけらに石器のキリ(ドリル)を使ってひもを通す穴をあける作業に挑戦してもらいました。ひたすらキリを動かす作業が10~30分続きますので根気が必要ですが、穴があいた時に達成感が味わえます。穴ができたら、ザラザラした石を使って骨の表面がツルツルになるまで磨いてもらうとできあがりです。

本日挑戦していただいた生徒のお一人がハート形のペンダントに仕上げていました。とても上手にできていて驚きました。

骨ペンダントハート

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

ゾウの小径を歩きました

5月2日に学習会「春の野尻湖自然観察会 ゾウの小径を歩こう」をおこないました。
信濃町の癒しの森コースの1つにも指定されているゾウの小径から博物館まで歩きました。
当日はお天気に恵まれ、気持ち良く歩くことができました。
道中では、様々な春の花などを見ることができました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ヒトリシズカが見ごろでした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
途中、アオサギとカワウのコロニーの観察をしました。

次回、博物館学習会は6月6日(土)、「苗名滝探険隊 信濃路自然歩道を歩こう」を予定しています。
参加をご希望の方は、6月5日までに博物館へご連絡ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

あんぎん編み、うまくできました

4月29日(水)に体験教室「あんぎん編み」をおこないました。小学1年生が挑戦してくれて、インストラクターに手伝ってもらいながら根気良く最後まで編んで、きれいなコースターができあがりました。あんぎん編み写真

あんぎん完成品

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0