カツラを設置しました

体験ミュージアム内の”野尻湖人”になって写真を撮ろうのコーナーにカツラを設置しました。

カツラをかぶってみました

カツラをかぶってみました

より野尻湖人(原始人)に近づけるように、2つのカツラをご用意しましたので、ぜひご利用ください。

カツラを2つ用意しました

カツラを2つ用意しました

 

【New】体験ミュージアム ”野尻湖人”になって写真を撮ろう

体験ミュージアム内の”野尻湖人”になって写真を撮ろうのコーナーを紹介します。
ここはシカ革の服を着て、イノシシのキバの首飾りをつけ、木ヤリを持って、4万年前の野尻湖の絵をバックに写真を撮ってもらうというコーナーです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

シカ革の服を5着そろえています

バックの絵は信濃町在住のアーティストMさんによるもので、野尻湖畔にナウマンゾウやオオツノジカがいて、背後に黒姫山が噴火している迫力ある絵となっています。

この絵を背景に写真を撮ろう

この絵を背景に写真を撮ろう

このコーナーで着てもらうシカ革の服は大きさの違う5着をそろえています。これらはもちろん特注品ですが、作者Sさんのできるだけ本物に近づけたいという熱意で、非常にこだわってつくってあります。今回はそのこだわりの一部をご紹介します。

シカ革の服

シカ革の服

素材はアカシカの革ですが、この革を切るのに石器を使っているというのがそのこだわりです。金属の刃物で切ると切り口がきれいになってしまいますので、より本物に近づけるために、切断はすべて石器でやっていただきました。

革は石器で切っています

革は石器で切っています

また、肩のところで縫い合わせてありますが、縫い合わせの糸に代わり、シカのアキレス腱を使って縫っているのです。縫うための穴もすべて石器で開けたそうで、本当にこだわって、時間をかけてつくっていただきました。

肩の部分の縫い合わせ

肩の部分の縫い合わせ

縫い合わせ部分のアップ

縫い合わせ部分のアップ

シカ革の服を着る際は、そんなところを観察してから着ていただけるとうれしいです。

【New】体験ミュージアム

今回のリニューアルで楽しく体験しながら学べる部屋「体験ミュージアム」ができました。

体験ミュージアム

体験ミュージアム

ここは以前、車庫として使われていたところです。
この部屋に入ると、まず右側に「ナウマンゾウの骨格パズル」が3セット置いてあります。その奥には「骨割り実験」ができるコーナーがあります。部屋の中央には発掘体験ができ、さらにその奥では、シカ革の服を着て、4万年前の野尻湖の絵をバックに写真を撮るコーナーがあります。「シカ角合わせ」のコーナーではオオツノジカ、ヘラジカ、ニホンジカの角を正しく差し込めるか、挑戦してもらいます。また、ナウマンゾウの折り紙を折るコーナーも用意しました。
2階、3階の展示をご覧いただき、最後にここに寄っていただいて、楽しんでいただければうれしいです。

ナウマンゾウのモニュメントを探しに行こう!

 

今日はとても天気が良かったので、朝、博物館の駐車場から見える野尻湖の写真を撮ってみました。

博物館から見える野尻湖

博物館から見える野尻湖

駐車場の野尻湖側にはクルミの木があり、その横に地図の看板とナウマンゾウのモニュメント、ゾウのモニュメントが付いた”風見鶏”があります。ナウマンゾウのモニュメントをアップにしたのが、下の写真です。このモニュメントのタイトルは「あのクルミ取れる?」です。

モニュメント「あのクルミ取れる?」

モニュメント「あのクルミ取れる?」

このモニュメントは野尻湖畔の別荘地「国際村」に別荘をおもちのジャンセン茜さんがデザインされたもので、湖畔に34ヵ所設置してあります。

この春、このモニュメントのある場所がわかる地図と、モニュメントの写真を入れたパンフレットができました。モニュメントは全部ちがうデザインで、それぞれに物語があります。このパンフレット持って、モニュメントを探しに湖畔へ出かけてみませんか。

パンフレットの表紙

パンフレットの表紙

パンフレットの中身

パンフレットの中身

パンフレットは博物館1階の棚に置いてあり、ご自由にお持ちいただけます。

【イベント】6月2日(土)「あんぎん編み」開催

第2回体験教室「あんぎん編み」を2日におこないます。縄文時代におこなわれていた布づくりの方法で、コースターづくりに挑戦しませんか。およそ30分で体験できますので、ぜひ、ご参加ください。

期  日 6月2日(土)
受付時間 午後1時~3時
※この時間内にいつでもおこしください
場  所 博物館2階 多目的室
費  用 300円

アンギン編みのようす

あんぎん編み

できあがったコースター

できあがったコースター

 

【イベント】5月19日(土)「縄文のペンダントづくり」開催

第1回体験教室「縄文のペンダントづくり」を19日(土)におこないます。
粘土をこねて平らに薄くのばし、表面に縄文土器のような縄の模様を付けてもらいます。電気コンロで焼いたらできあがりです。20~30分で体験できますので、ぜひ、ご参加ください。

期  日 5月19日(土)
受付時間 午後1時~3時
※この時間内にいつでもおこしください
場  所 博物館2階 多目的室
費  用 300円

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

縄文のペンダントづくり

 

【プレゼント】5月18日は国際博物館の日

5月18日はICOM(国際博物館会議)が定めた国際博物館の日です。
なぜ、5月18日かというと「1977年にモスクワで開催されたICOMの第11回大会で、「国際博物館の日」を設ける決議が採択されました。第11回大会は5月18日から29日まで開催されたことから、5月18日を「国際博物館の日」としたようです」と日本博物館協会が説明しています。
18日は全国の博物館でイベント等がおこなわれます。
当館では先着20名様に記念品の進呈を予定しています。

国際博物館の日ポスター

国際博物館の日ポスター

【New】Free Wi-Fi 使えます

1階にカフェ(カップ式の自動販売機を置いた休憩スペース)を新設しましたが、ここに無料ワイファイ(Free Wi-Fi)を設置しました。どうぞご利用ください。

Free Wi-Fiのステッカー

Free Wi-Fiのステッカー

【New】ショップとカフェは入館券なしでご利用いただけます

3月20日のリニューアルではこれまで2階にあった受付(チケット売り場)を1階に移動したのにあわせ、ショップも1階へ移動し、カフェ(カップ式の自動販売機を置いた休憩スペース)を新設しました。

ショップ(手前)とカフェ(奥)

ショップ(手前)とカフェ(奥)

ショップとカフェのエリアは入館料なし(無料)でご利用いただけますので、どうぞお気軽にご利用ください。

氷河時代体験ミニ講座開催中!

氷河時代について、楽しく体験しながら学んでみませんか。
ゴールデンウイーク中に、日替わりで体験メニューをご用意しています。申し込み不要、参加費無料で体験できます。
本日は「昆虫化石さがし」をおこないました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

昆虫化石さがし

4~5万年前の土のかたまりを割って、中から昆虫の化石を見つけます。昆虫のはねやあしなど数ミリの小さな化石ですが、土の中でキラリと光るので見つけられるのです。

昆虫のはねの化石

昆虫のはねの化石

ひたすら土を割って見つける作業だけですが、みなさん結構はまって、ずっとやっている人もいます。
ゴールデンウィーク中のミニ講座の予定です。博物館の見学のついでに、ぜひ、ご参加ください。
•4月28日(土) 石器づくり
•4月29日(日) 昆虫化石さがし
•4月30日(月) 火山灰の鉱物しらべ
•5月 3日(木) 昆虫化石さがし
•5月 4日(金) 石器づくり
•5月 5日(土) アジアゾウの骨をしらべよう
•5月 6日(日) 火山灰の鉱物しらべ

時間:午後1時から午後3時まで
(時間内にいつでもどうぞ)

場所:博物館うら

※申込不要、参加無料