氷河時代体験ミニ講座開催中!

氷河時代について、楽しく体験しながら学んでみませんか。
ゴールデンウイーク中に、日替わりで体験メニューをご用意しています。申し込み不要、参加費無料で体験できます。
本日は「昆虫化石さがし」をおこないました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

昆虫化石さがし

4~5万年前の土のかたまりを割って、中から昆虫の化石を見つけます。昆虫のはねやあしなど数ミリの小さな化石ですが、土の中でキラリと光るので見つけられるのです。

昆虫のはねの化石

昆虫のはねの化石

ひたすら土を割って見つける作業だけですが、みなさん結構はまって、ずっとやっている人もいます。
ゴールデンウィーク中のミニ講座の予定です。博物館の見学のついでに、ぜひ、ご参加ください。
•4月28日(土) 石器づくり
•4月29日(日) 昆虫化石さがし
•4月30日(月) 火山灰の鉱物しらべ
•5月 3日(木) 昆虫化石さがし
•5月 4日(金) 石器づくり
•5月 5日(土) アジアゾウの骨をしらべよう
•5月 6日(日) 火山灰の鉱物しらべ

時間:午後1時から午後3時まで
(時間内にいつでもどうぞ)

場所:博物館うら

※申込不要、参加無料

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

【New】ナウマンゾウの銅像移転 点字解説を設置

1984年7月に開館した当初から、実物大の5分の1スケールの銅像が入口階段横に設置されていました。この銅像が今回の改修工事に伴い、移転しました。

工事中に撤去されるナウマンゾウの銅像

工事中に撤去されるナウマンゾウの銅像

移転先は、昨日紹介した入口の地層の壁の前です。

移転されたナウマンゾウの銅像

移転されたナウマンゾウの銅像

移転にあたり、説明板を付けました。そして新たに、ここに点字を付けました。

説明板を新設

説明板を新設

目の不自由な方にこの銅像をさわってもらい、ねじれをもった牙や出っ張ったオデコなど、ナウマンゾウの特徴を感じてもらえたらうれしいです。

点字の説明

点字の説明

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

【New】エントランスの壁

野尻湖ナウマンゾウ博物館は3月20日にリニューアルオープンしました。とは言いましても、部分改修ですので、全く変わっていない部分もあります。ということで、今日から新しくなったところを詳しくご紹介していきます。
本日はエントランスの壁を紹介します。
改修前、博物館の受付は2階にありました。そのため、お客様には最初に階段を上っていただくようになっていました。

改修前の博物館正面

改修前の博物館正面

改修後の博物館正面

改修後の博物館正面

今回の改修工事で大きく変わったことは、博物館の入口が1階になり、受付を1階へ移したことです。そしてこの入口、つまり博物館の顔ともいえる場所の壁は地層のような模様になっていて、ちょっとインパクトがあります。

博物館入口の壁

博物館入口の壁

この壁は今回の工事の設計をやられた長野市のM設計事務所の設計士さんのこだわりで提案されたものです。博物館の展示室には野尻湖ではぎ取ってきた本物の湖底の地層が展示されています。これをイメージしてつくっていただきました。

展示室にある野尻湖底の地層

展示室にある野尻湖底の地層

地層の中から出土するナウマンゾウの化石や石器などの遺物を展示する博物館としては、館のイメージにあった入口になったと思います。是非、館名の入ったこの壁の前で写真を撮っていただければと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

サクラ満開

博物館駐車場のサクラが満開になりました。今年の開花は例年よりも10日くらい早かった印象です。雪どけも早く、連休まで雪が残っている年もありますが、今年はもうすっかりなくなりました。
野尻湖周辺は今がサクラの見ごろです。

サクラと博物館

サクラと博物館

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0