ロゴマークをつくりました

改修工事のために休館しており、ご迷惑をおかけしております。
現在、3月20日のリニューアルオープンに向け、いろいろと準備中です。

さて、リニューアルに合わせて、このたびロゴマークをつくりました。

野尻湖ナウマンゾウ博物館ロゴマーク

野尻湖ナウマンゾウ博物館ロゴマーク

図は「月と星」です。1973年に実施された第5次野尻湖発掘で、ナウマンゾウのキバとオオツノジカのツノが並んで出土しましたが、もしかしたら当時の人々”野尻湖人”が並べたのでは?というくらいきれいに並んでいました。この出土状況を野尻湖発掘調査団はキバを三日月、ツノを星に見たてて、「月と星」という愛称で呼んでいて、野尻湖ナウマンゾウ博物館展示室ではこの出土状況をレプリカで復元しています。この「月と星」のマークがナウマンゾウ、オオツノジカ、”野尻湖人”を表していて、当館の展示テーマを象徴しているのです。色はきれいな湖の色をイメージした水色です。

博物館展示室の「月と星」のレプリカ

博物館展示室の「月と星」のレプリカ

野尻湖ナウマンゾウ博物館の文字はデザイナーに考えていただきましたが、「シャープな直線と、記号的な曲線(象形文字風)を使って、知的で古代のミステリアスな雰囲気が感じられるように工夫した」そうです。「ウ」の文字がナウマンゾウの鼻のように見えるのも特徴です。色は博物館展示室内のナウマンゾウの色や、博物館の建物の色をイメージして茶色にしました。
英文の書体も少し古代風のものにし、色は濃いめの青にしました。
今後はこのロゴマークをポスターやパンフレットなどに使っていきますので、気に留めてご覧いただければうれしく思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

【テレビ放映のお知らせ】長野県は宇宙県

明けましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。
今年のお正月は雪が降り続き、本日、ようやく晴れました。黒姫山の姿も見えましたので、山をバックにナウマンゾウの親子像の写真を撮ってきました。小象は雪に埋もれていました。

ナウマンゾウの親子像2018/1/5

ナウマンゾウの親子像2018/1/5

信濃町のアメダスでは積雪が75㎝ほどとなっていますが、野尻湖周辺はもう少し多いと思います。

さて、テレビ放映のお知らせをいたします。野尻湖の発掘では、1973年の第5次発掘で、ナウマンゾウの牙とオオツノジカの角がきれいに並んで出土しました。牙を三日月、角を星に見立て、この出土状況を「月と星」という愛称で呼び、博物館ではレプリカを展示しています。下記の天体関係の番組で、この「月と星」を紹介してくれるというのです。宇宙とは関係のない化石をどのように紹介してくれるのでしょう???

興味がありましたらぜひご覧ください。
■放送日 2018年1月6日(土)午前11時30分~
■放送局 NHK BSプレミアム
■番組名 コズミックフロント「長野県は宇宙県 夏」(10分番組)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0